2019年05月25日

小木森滝 三重県県紀北町

チーム滝通さんの「この滝がすごい!」という本に
「小木森滝」が紹介されていました、
険しい山奥にある為、
長く、到達困難な滝であったそうですが、
現在は30分ほどで到達できるルートが確立されているとのことです。
多くの方が詳しい行き方を紹介されているので
それらを参考にしまして
行ってみることにしました。
紀北町の往古川沿いの林道をのぼると、
DSCN2877.JPG
遠望できました。
DSCN2879.JPG
ここからスタート。
行程中は撮り忘れました。
DSCN2882.JPG
少し迷ったり慣れない急斜面で手間取り50分かかりましたが、
意外とあっさり滝つぼまで到達。
DSCN2881.JPG
落差が高すぎて一枚に収まらない。
しかもここは上段の滝つぼで、下段もあります。
DSCN2884.JPG
滝つぼアップ
DSCN2889.JPG
横向きで、

ちょっと見にくいかな

往古川沿いの林道はほとんとが未舗装で、結構勾配があります。
作業のダンプやトラックが頻繁に通るので、
駐車に配慮が必要。(私はオフロードバイクで行きました。)
入渓ポイントから堰堤横へ、、
そこから目印テープ多数あり。(ルート開拓された方ありがとうございます。)
テープを慎重に追っていけば,上段の滝つぼ前へ到達しました。
下段には降りてません。
下段へはロープが必要みたいです、あと経験も。
後で知りましたが、滝の落ち口にも行けるようです。
滑りやすい急斜面がある為チェーンスパイクという軽アイゼンがいいみたいです。
この後私もモンベルのチェーンスパイクを買いました。





posted by トコトコ at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

三之公の明神滝と後南朝の史跡三之公行宮跡

南北朝時代の後南朝ゆかりの史跡を訪ねてみました。
国道169号を吉野から大台ヶ原方面へ走り
ループトンネル区間の手前の大迫ダムを渡り
奈良県道224号で入之波温泉を越え入之波大橋を越えてしばらく走ると
対岸に小さな鉄橋が見え、
DSCN3062.JPG
程なく建物横に左に渡る橋があり、
DSCN3063.JPG
これを渡りしばらく行く。
小さな橋を渡ると右に逆V字型に橋がかかっている。
真っ直ぐ行くと北股林道へ。すぐ逆V字型に戻る橋を渡りなおすと
三之公方面です。
終点に駐車スペース10台分ぐらいあり。
DSCN3119.JPG
祠があるので、安全祈願をします。
DSCN3123.JPG
バイクが変わっています、セロー250買いました。
DSCN3125.JPG
貸し出し用の杖置き場。なんか少ないような、借りたら返しましょう。
DSCN3126.JPG
ここが登山口。
DSCN3127.JPG
このあとこんな木製の橋やトラロープの手すりなどが多数あり道は整備されていますが、
このルート、ヤマビルが多いとの情報があります。帰りに出会った人も
以前来た時ヤマビルだらけにされたようで、ゴム長靴で来てました。
私はゴールデンウィークに行ったので、被害はなかったのですが、
ガイドブックによると5月中旬から10月上旬までヤマビル多しとあります。
ヤマビル対策より、その時期を避けたいですね。
DSCN3076.JPG
登山口から40分位で、明神滝へ到着、
昭文社の山と高原地図では20分とありますが、
20分はトレイルランナーレベルです。
ここで出会った登山者も50分ぐらいだったそうです。
DSCN3064.JPG
それほど大きくはありませんが、
後ろの岩に当たることなく真っ直ぐ滝つぼに落ちています。

滝つぼも美しい。
DSCN3069.JPG
明神滝を後にしてカクシ平へ、
ここも昭文社の地図では40分となっていますが、道が崩れているところが
何箇所かあり、1時間ほどかかりました。
このルートは基本的に沢沿いに斜面をトラバースしながら登って行きます。
所々で湧き水か道を濡らしていで滑りやすかったり崩れやすくなっていたり、
湧き水が滴る石の上を歩いたり、道が細くなっていたりします。
明神滝より先は橋やロープは少なくなり勾配もきつくなります。
この道筋は600年前のままだそうです。
DSCN3077.JPG
カクシ平入り口。道標とベンチがあります。
ここで少し迷いましたが、道標の後ろの川を渡り坂を上りきると、
DSCN3078.JPG
ありました、
DSCN3079.JPG
三之公行宮跡。
DSCN3082.JPGDSCN3081.JPG
北朝方を避けるためとは言え、とてつもない山奥です。
さらに奥へと進み、もう一度涸れ沢を渡ると
「尊義親王御墓」とあります。
DSCN3084.JPG
緩めの斜面を上ると。
DSCN3086.JPG
尊義親王御墓
DSCN3089.JPG
お酒がお供えされています。
この後馬ノ鞍峰まで行きたかったのですが、
雨が降ってきたので撤退します。
ヤマビルがいなくなる秋以降に馬ノ鞍峰まで目指したいです。
posted by トコトコ at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大台ヶ原から尾鷲道のマブシ嶺(コブシ嶺)へ

展望が良いと噂のマブシ嶺を目指してみました。


大台ヶ原ビジターセンター駐車場から
中道を通って尾鷲辻の東屋へ直行
東屋から南へ延びる踏み跡を辿ります。

DSCN3230.JPG
少し歩いただけで全然雰囲気が違います。
人の気配が全くない。
DSCN3229.JPG
この道は尾鷲まで通じる古道「尾鷲道」です。
一応、地図とコンパスとGPSを持参しましたが、
近年「NTRC」という団体が再整備されたようで、
踏み跡やテープ、道標に注意すれば迷うことは無かったです。
NTRCの皆さんありがとうございます。
DSCN3228.JPG
誰も歩いていません。
鳥の鳴き声以外静寂の中、一人だけで歩きます。
DSCN3227.JPG
目印テープたくさんあります。
DSCN3224.JPG
「シラサコ」だそうです。名前の由来は知りません。
東屋からスタートしてこの辺りまでは緩やかな下りですが、
この後はしばらく尾根の西側をトラバース、
アップダウンは2か所ほど、ほぼフラットで体力使いません。
DSCN3223.JPG
この辺りからシャクナゲがたくさん咲いています。
DSCN3221.JPG
DSCN3218.JPG
コレは何の跡でしょうね。
木の皮がはがれていますね。
鹿がかじったのか、もしかして熊がひっかいたのか。
DSCN3214.JPG
展望のある尾根にでました。
ここの見晴らしも良いですが、まだマブシ嶺ではありません。
マブシ嶺は写真の奥に見える崩落斜面の尾根の向こうです。 
DSCN3217.JPG
北西に下った方に「雷峠」の標識が、
下の板に正確な「雷峠」の位置について解説がありますが、
尾鷲道はこちらではありません。
DSCN3213.JPG
この道標の「マブシ嶺」方向の急登が正解です。
トラバースを抜け展望のある尾根に出れば左(南東)の急な坂を登るが正解です。
このルート一番の登り、と言っても標高差50mもないですが。
DSCN3212.JPG
登り切ったら「地倉山」1451.8mです。
DSCN3210.JPG
坂本ダム貯水池が見えます。
DSCN3209.JPG
地倉山を振り返って
DSCN3207.JPG
下の写真の先のコブが昭文社の大和高原地図では「雷峠」とありますが、
NTRCさんの見解は違うようです。
DSCN3205.JPG
展望のある尾根が続きます。
DSCN3203.JPG
崩れた斜面上にまた木が生えたような、
DSCN3202.JPG
DSCN3201.JPG
DSCN3200.JPG
よっこらしょっと。問題のコブですが、
コブシ嶺最高地点1426.4mとあります。よくわかりません。
DSCN3181.JPG
これを下れば展望が広がり「マブシ嶺」到着。
東屋から2時間ほどでした。

遠くに海がみえます。
DSCN3183.JPG
三角点の周りに皆さん山名札を付けていますが、
かなりの風雨に耐えてそうです。
DSCN3185.JPG
今日はここまでですが、ここから下れば一本木 木組峠と尾鷲道は続きます。
機会があれば踏破したいです。
DSCN3187.JPG
マブシ嶺
DSCN3188.JPG
こっちはコブシ嶺
DSCN3189.JPG
カタカナの読み間違いらしいとか、
DSCN3192.JPG
竜口尾根の向こうに大峰山脈
DSCN3199.JPG
名残惜しいですが、来た方向へ帰ります。
帰りはシラサコから尾鷲辻まで登りがあるので
2時間15分ほどでした。堂倉山にも寄らずなるべく早く歩きました。
駐車場から尾鷲辻まで中道で40分ぐらい、
道中の休憩を考えると駐車場から6〜7時間あれば往復できそうです。
結局、尾鷲辻へ帰ってくるまで道中一人も会いませんでした。
羽根の色が綺麗な野鳥(多分、カケス)はよく見ました。





posted by トコトコ at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。