2020年10月31日

エンジンコンディショナーでアクシストリートのカーボン除去 カーボン噛み対策

トリートに限らず
空冷、4サイクル、インジェクション、小排気量
が重なるとカーボン噛みが発生しやすくなります。

信号で止まった途端にエンスト。
キックを踏んでスカスカなら、
ほぼカーボン噛みです。

初めてこの症状が出た時に、
YSPに持ち込んだ時に
整備士さんに実際に見せてもらった方法を紹介します。



必要なもの
16mmプラグソケット
トルクレンチ
ウエス
ワコーズのエンジンコンディショナー
付属のノズルは短いので、
トラスコのロングノズル LN300PP に替えています。
DSCN4636.AVI_snapshot_00.06_[2020.10.31_09.09.17].jpg

この部分のカバーを外す。
DSCN4631.AVI_snapshot_00.17_[2020.10.31_09.15.13].jpg

プラグコードを引き抜く。
DSCN4632.AVI_snapshot_00.14_[2020.10.31_09.17.11].jpg

コンプレッサーがあれば
プラグホールのホコリを飛ばす。
DSCN4633.AVI_snapshot_00.14_[2020.10.31_09.18.57].jpg

プラグソケットレンチでプラグを外す。
カーボン噛み対策.mp4_snapshot_01.11_[2020.10.31_09.21.33].jpg

DSCN4635.AVI_snapshot_00.15_[2020.10.31_09.23.18].jpg
NGK CR7Eです。

エンジンコンディショナーのノズルを
プラグホールの中に入れ、
シリンダー内まで入ったら、
3〜4秒ほど注入する。
DSCN4637.AVI_snapshot_00.30_[2020.10.31_09.31.02].jpg
入れすぎ注意。
音が変化するので、
泡で満たされたような音になったら十分。

プラグホールをウエスで塞ぎ、
セルを3秒ほど回して、クランキングをする。

燃焼室内をエンジンコンディショナーの泡で満たし、
バルブやシリンダーを動かし
エンジンコンディショナーを付着させるって事。

これを2回ほど繰り返す。

後は、プラグを戻す。
最初はネジ山を傷めないように手で締める。

締め付けトルクは12.5Nm。
DSCN4638.AVI_snapshot_01.13_[2020.10.31_09.45.39].jpg

最低30分。出来れば数時間か一晩そのままにする。

エンジンを始動。
DSCN4641.AVI_snapshot_00.30_[2020.10.31_09.48.19].jpg

エンジンをしばらく回転を上げて吹かすか、
しばらく走ってカーボンを燃やし尽くす。

あと、ポリエーテルアミン系の添加剤。
カーボン噛み対策.mp4_snapshot_06.02_[2020.10.31_10.36.14].jpg

これが一番簡単で効果があります。
エンスト症状が出たら、
給油2〜3回連続で入れます。

この2つの方法で、
症状が出てもほぼ1回で収まり、
頻発や重症化はありません。
試してみて下さい。


posted by トコトコ at 10:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。