2019年06月26日

神仙平〜七面山(奈良)

今年、近畿の梅雨入りが遅れている。
この日が梅雨入り前の最後の晴天になりそうなので、
景色が良さそうな神仙平へと。
国道168から五條市 大塔支所→林道篠原線で終点まで。
王子製紙の林道入り口手前の駐車スペースへ。
DSCN3601.JPG
7:50スタート.渡渉あり。
水量は登山靴が簡単に水没するレベル。
ビニール袋を靴にかぶせて通過。
これから長い林道歩きが始まります。
いきなり崩落ポイント。
DSCN3603.JPG
フィックスロープあり。
ロープにしがみついてなんとか通過。
林道区間ではここが最大の難所。この後も崩落個所多数あったが、
注意して進めば問題なかった。
それよりなんでもない木の枝とかに躓きそうになった。
DSCN3606.JPG
滝が林道に注いでいます。
この水の浸食でここが崩れるのも時間の問題か。
DSCN3612.JPG
林道から北に見えるのは中尾という尾根らしい。
明星ヶ岳へとつながっています。
DSCN3617.JPG
9:05 七面山登山口。神仙平を目指すので、スルーして林道を進みます。
DSCN3623.JPG
遥彼方に神仙平。
この目で見ると早く行きたくなる。
DSCN3622.JPG
稜線手前の傾斜がまるで壁。
自分の体力で登れるのか。
DSCN3625.JPG 
林道は歩きは続く。
DSCN3640.JPG
日当たりの良い所に出ると、
七面谷の渡渉です。
水かさは渡渉に問題ありません、綺麗な水です。
DSCN3643.JPG
七面山登山口の古い看板がありますが、
旧道でしょうか、踏み跡は見当たらなかった。
カーブ一つ曲がると林道終点です。10:15
DSCN3651.JPG
谷の中は巨石だらけ、ここからは樹林帯を登ります。
森の中をしばらく歩いてからカラハッソウ谷へ下りてみた。
DSCN3653.JPG
涸れ沢だが幅が広い。
DSCN3655.JPG
この瓦礫は流されて来たのか、土が流され瓦礫だけ残ったのか。
DSCN3658.JPG
大雨の時、この川幅になったんだろうな。この上はすり鉢状だし。
DSCN3659.JPG
この谷を歩く予定だったが、先が荒れてそうなので樹林帯で進む事に。
神仙平の手前辺りから傾斜がきつくなる。
DSCN3662.JPG
神仙平へ出た。期待してた以上に景色が良く気持ちがいい。
ただ、傾斜がきつく、道があるわけでなく、
苔でフカフカのところもあり歩きやすくはない
DSCN3664.JPG
部分的に平坦なところ(テント張れるぐらい。)はあったが、
たいらではなく殆どが斜面。
地形図で1200m〜1250mの辺りでなだらかなところがあるが、
そこは樹林帯の中だった。
DSCN3665.JPG
さらに稜線手前の樹林帯が壁のように見える。
傾斜の緩そうなところはナシ。
木につかまって登るしかないので、
木の密度の濃い所を選んで進む。
途中、ふくらはぎがつりそうになり、
暫く、休憩。
とりあえずツムラの68番を飲み、
休み休み登る。鹿の足跡を辿ると歩きやすい。
バイケイソウの海を越えて奥駆道へ。13:00
林道終点から3時間弱もかかった。
DSCN3667.JPG
舟ノ垰。「舟ノ峠」になってます。
DSCN3669.JPG
いかにも奥駆道。
DSCN3670.JPG
七面山遥拝石
DSCN3671.JPG
弥山と釈迦の中間位。
この後、七面山へと向かうのだが、
楊枝の森の東を巻く奥駆を進んでしまい引き返す事に。
足に負担を掛けたくないので、
楊枝の森のピークを避けて北側をトラバース。
DSCN3672.JPG
楊枝の森から七面山への尾根は倒木だらけで真っ直ぐ進めない。
よって踏み跡は不明瞭。
倒木を避け尾根芯を外して歩くが、尾根芯を意識していないと
いつの間にか違う方向へと行ってしまう。
DSCN3673.JPG
この道標の先に山抜けあり。
DSCN3674.JPG
七面山東峰への分岐。足がつりそうなので東峰はパス。
DSCN3675.JPG
下山を優先する。登山口への道を進む。
DSCN3678.JPG
ちょろっと鎖場とか。
DSCN3679.JPG
七面山西峰。
時間も足も限界で、
アケボノ平もパス(残念)。
下山を急ぎます。
最初は笹の急斜面、その後シャクナゲのやせ尾根を下る。
DSCN3680.JPG
シャクナゲは急斜面に多いような気がする。
DSCN3686.JPG
土が洗い流され木の根が浮いて歩きにくい。
DSCN3687.JPG
尾根を離れ、登山口へと植林の斜面のつづら折れを下る。16:20
DSCN3690.JPG
目印は少ないですが、踏み跡明瞭。
DSCN3693.JPG
放置された機械。
DSCN3696.JPG
16:55登山口。
足元に気を付けながら林道入り口まで急ぐ。
17:50下山完了。
平日のせいか、結局、誰とも会わず。
登りは疲れたが神仙平は気持ち良かった。




posted by トコトコ at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

三津河落山と大和岳

大台ケ原の川上辻周辺が気になり、
行ってみることに。
DSCN3460.JPG
筏場道へと。
DSCN3461.JPG
しっかりとした橋があり問題なさそう。
DSCN3462.JPG
尾鷲道より良さそう。
DSCN3467.JPG
でも、やっぱり倒木が出てきました。
DSCN3468.JPG
これが安心橋。
DSCN3472.JPG
このあと、岩場のヘツリがあり、何とか通過。結構怖かった。
更には、沢で道がなくなってる。
DSCN3477.JPG
ロープでもあれば行けますが、今日は筏場道は諦めます。
引き返して、大和岳、三津河落山へ行先変更。
川上辻へ引き返し、
名古屋岳方面へ分岐する踏み跡を辿りあっさり名古屋岳へ。
DSCN3480.JPG
展望は期待できません。
DSCN3485.JPG
でも、雰囲気はいい感じ。
DSCN3481.JPG
名古屋岳から三津河落山へのルートがわからず、
一旦ドライブウェイへと戻り、
44番ポストへと。
DSCN3586.JPG
この山側に入って行きます。
DSCN3587.JPG
尾根までの斜面が広いので、
目印ナシ、踏み跡もはっきりしないが、
尾根を目指し、あとは尾根伝い。
開けたところへと。
DSCN3486.JPG
ドライブウェイから少し入っただけでこんなところあったんですね。
DSCN3487.JPG
先はもっと開けています。
DSCN3490.JPG
ハイジがヤギ連れて歩いてそうです。
DSCN3491.JPG
鹿は見ましたけど。
DSCN3492.JPG


大和岳 1597m。
DSCN3496.JPG

DSCN3502.JPG

DSCN3501.JPG

DSCN3500.JPG

DSCN3499.JPG

DSCN3498.JPG

DSCN3506.JPG

DSCN3512.JPG

DSCN3513.JPG

DSCN3514.JPG

DSCN3515.JPG
農水省の雨量観測所。
そして三津河落山。
DSCN3516.JPG
この石の標識はグラグラしてます。
DSCN3520.JPG

DSCN3521.JPG



DSCN3522.JPG
如来月へ。
DSCN3524.JPG
如来月。
DSCN3531.JPG
展望なし。
三津河落山へ戻る。
DSCN3533.JPG
北東へ延びる尾根。
大台辻へと続くらしい。
DSCN3535.JPG
建設省の雨量観測所。
DSCN3544.JPG
今は国土交通省ですね。
その裏にピークが。
DSCN3555.JPG

DSCN3548.JPG
日本鼻。
DSCN3551.JPG
展望はぼちぼちでも雰囲気よし。
ガスってきました。
DSCN3558.JPG
大和岳へ戻ります。
DSCN3561.JPG
このロケーションをずっと一人で貸し切り状態でした。
DSCN3576.JPG
風伝おろしっぽい。
DSCN3577.JPG
大和岳を後にします。
DSCN3585.JPG
筏場道で出鼻をくじかれましたが、大和岳と三津河落山で楽しめました。
名古屋岳から如来月へ楽なルートがあるようです。
大台辻からも来れるようです。また来たいですね。





posted by トコトコ at 22:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

90番から行者還岳

季節柄、天気が微妙で山行に躊躇するが、
この日、起床して天気予報を見ると、夕方までは何とか持ちそうだ。
ゆっくりスタートでも行けそうな国道309号90番ポストから行者還岳へ行ってみることに。
7:00頃自宅スタート。
交通事情の良い国道169で上北山村の天ヶ瀬からも行けるが、
みたらい渓谷からの景色も見たいので、国道309天川村経由で向かう。
途中、行者還トンネル東口からの林道が崩れているのを確認。
ここへの下山を考えていたが、ピストンへ変更。
9:40頃、90番ポストに到着。
DSCN3459.JPG
いつものことだが、バイク装備から登山装備にするのにグダグダ時間がかかる。
10:00頃歩き始める。
DSCN3456.JPG
90番ポスト前の階段から登る。
「山と高原地図」では破線ですが、トンネル西口からの激坂より歩きやすい。
DSCN3449.JPG
最初は斜面をつづら折れ。
DSCN3444.JPG
尾根にのると、階段まであります。
DSCN3442.JPG
しかも、尾根芯の形が鮮明。
DSCN3436.JPG
テープ、目印はほぼナシ。必要ないぐらい分かりやすい。
DSCN3432.JPG
見たかった古木。
DSCN3337.JPG
上からも。少し登ると。
DSCN3338.JPG
タイタン広場に10:25。
タイタンと呼ばれていますが、
マツダタイタンの発売前のモデル、
マツダE2500ディーゼルらしいです。
「何でこんなところに」と思うと、
横に朽ち果てた林道の痕跡がありました。
作業道があったのですね。
それにしてもバッテリー・ラジエータ等の液体や
オイルが漏れたらどうするのでしょう。
DSCN3345.JPG
奥駈道接続。10:50
DSCN3347.JPG
行者還がちょっと見えます。
DSCN3350.JPG
ちょっと足元が悪い岩の道。
DSCN3356.JPG
天川辻。小坪谷から登るとここに出るようです。
この辺りで出会った山伏の方が行者還から北は倒木が酷いと言っていた。
DSCN3359.JPG
小坪谷はこっちかな。
DSCN3361.JPG
ここから5分位で、小屋が見えました。11:30
DSCN3362.JPG
無人ですが、立派な建物です。
DSCN3363.JPG
中は綺麗です。毛布や布団もあります。
DSCN3364.JPG
中は2部屋と炊事場、外にトイレ。
水場は5分歩いたところらしい。
おにぎり食べて再出発。
DSCN3377.JPG
急斜面に梯子が付いてます。梯子の下が水場。
DSCN3380.JPG
上にも。
DSCN3406.JPG
上から見ると怖い。
DSCN3402.JPG
登りきると、一気に展望が広がる。
DSCN3399.JPG
倒木が凄いです。
DSCN3401.JPG
七曜岳方面。
DSCN3393.JPG
今日はそっちは行きません。
DSCN3392.JPG
行者還への登り。
DSCN3382.JPG
この木はなんでしょう。穴だらけです。
キツツキにボコボコにされたのでしょうか。
DSCN3384.JPG
12:10 行者還岳。山頂直前は滑りやすかった。
残念ながら展望は樹木の隙間から程度。
山頂はシャクナゲが多いが、
花はとっくに終わっていた。
帰るとします。
DSCN3408.JPG
行者還を振り返る。
険しい南斜面。
DSCN3410.JPG
去年の台風の爪跡でしょうか。
DSCN3411.JPG
一ノ垰からトンネル東口周りで下山するつもりでしたが、
トンネル東口の林道崩壊を見て、ピストンで下山することにしました。
DSCN3412.JPG
時間を気にせず、景色を楽しみながら尾根歩き。
DSCN3414.JPG
地表にしか根を張っていませんね。
DSCN3415.JPG
糸のように細い根しか張っていません。
これでは倒れますね。
DSCN3417.JPG
天気が微妙に。
DSCN3418.JPG
でも急ぎません。
DSCN3419.JPG

DSCN3421.JPG

DSCN3422.JPG

DSCN3423.JPG

DSCN3424.JPG

DSCN3426.JPG

DSCN3428.JPG
行者還を振り返り奥駈道と分かれると、
DSCN3429.JPG
分かりやすい尾根道を下るだけ。
DSCN3438.JPG
笹の道から広葉樹の林へ。
DSCN3443.JPG
植林された針葉樹林へ。
DSCN3448.JPG
入口の鉄の階段が見えると安堵します。
DSCN3450.JPG
現実の日常へ帰ってきました。
DSCN3453.JPG
15:45無事帰還。
行者還小屋で縦走の年配の方と少し話し込みましたが、
往路2時間10分、復路2時間位でした。



















posted by トコトコ at 15:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。